TOP 診療情報の管理事務資格  

 役立つ医療事務資格一覧
医科・歯科 医療事務資格
介護 医療事務資格
レセコン 医療事務資格
調剤 医療事務資格
診療情報管理 医療事務資格
医療事務資格関連情報
医療事務資格一覧
 
医療事務資格の難易度 
医療・介護系資格ランキング
 
資格取得サポート制度
 
資格の勉強をして「もらえるお金」 
 
教育訓練給付制度
 
求職者支援制度  
関連する仕事を動画で紹介
医療情報管理士
診療情報管理士
 
 
 

診療情報の管理事務資格
平成12年4月の診療報酬改定により、診療記録の管理体制加算制度が新たに設けられ、管理体制に対する評価がされたことで、病院の診療記録管理の重要性が注目され、診療情報管理士が注目を集めることになりました。その結果、これによって診療情報管理士の受講者数が大幅に増加しました。

診療情報管理の主な仕事は、医師が患者の治療内容を記入したカルテと診療記録を患者ごとに管理し、診察時にその医療情報ファイルを医療現場に提供することです。そのためには、診療記録の内容を理解し、その情報を医療や福祉の場に提供するための医学知識が必要になります。 資格は専門学校などで基礎課程・専門課程各1年の診療情報管理課程教育を修めた後、認定試験に合格すると取得できます。
診療情報管理技能認定試験(メディカル・レコード・コーディネーター
診療情報管理士の資格を取得すると、カルテの整理・分類から個人情報の管理、医療内容のデータ化など、医療情報全般の分析までの業務を行えるようになります。
近年の医療現場では電子カルテの普及から患者へのカルテの開示が進み、診療情報管理士の活躍の場がますます広がっています。
       ⇒「診療情報管理技能認定試験」を詳しくみる
診療情報管理士認定試験
診療情報管理士の主な仕事は、カルテの整理、分類や個人情報の管理、医療内容のデータ化、さらには医療情報全般の分析などになります。近年は、医療現場での電子カルテの普及や患者へのカルテの開示などが進み、情報のデータ化が進むのに伴って、診療情報管理士が活躍する場はますます広がっています。
       ⇒「診療情報管理士認定試験」を詳しくみる

 Copyright (C) 2013 医療事務資格の取得 All Rights Reserved.