TOP レセコン関係の医療事務資格  

 役立つ医療事務資格一覧
医科・歯科 医療事務資格
介護 医療事務資格
レセコン 医療事務資格
調剤 医療事務資格
診療情報管理 医療事務資格
医療事務資格関連情報
医療事務資格一覧
 
医療事務資格の難易度 
医療・介護系資格ランキング
 



医事コンピュータ技能検定
◆試験の種類 
        民間検定試験   
◆試験の主催者 
       医療福祉情報実務能力協会  
◆試験の概要 
「医事コンピュータ技能検定試験」は、医事コンピュータのスペシャリストとして、OA化が進む医療事務で必要なコンピュータの知識とオペレーション技能を審査・認定する医療事務試験です。

医療事務の現場も年々コンピュータ化が進でいます。そこに従事する方のコンピュータ操作能力は必須の技能です。医事コンピュータ技能検定試験は OA化が進む医療事務で必要なコンピュータの知識とオペレーション技能を審査・認定する試験です。
平成8年度にスタートし、年間6,000名以上が受験する唯一の医療事務に関する検定試験になっています。

受験級は、準1級と2級、3級の3つのレベルがありますが、1級の試験は現在行われていません。  ⇒詳しい級別の試験レベル
・準1級:医療事務及び医事コンピュータについての専門的な知識を有し、やや複雑多岐な業務を遂行することができる。さらに、ネットワークやデータベースに関する知識の他に、表計算やデータベースソフトを使い、医事統計や医療の経営分析資料の作成及び解析ができること。また簡単な疾病分類ができること。
・2級:医療事務及び医事コンピュータについての一般的な知識を有し、カルテ及び診療伝票を基に正しいレセプトを速やかに作成することができる。
・3級:医療事務及び医事コンピュータ についての基礎的な知識を有し、カルテ及び診療伝票を基に医事コンピュータ を用いて正しいレセプトを作成することができる。
◆受験資格
 特になし。年齢・性別・学歴に関係なく誰でも受験できます。
◆試験方式  
3つの領域から出題されます。領域T・Uは知識問題、Vは実技
 ・学科(知識問題) 
  領域T:医療事務、60分   領域U:コンビュー夕関連知識、60分  
 ・実技 領域V:オペレーション、60分
 ※実技は参考書等の持込が可能です。
 ・合格基準 
 領域T〜Vにそれぞれ60点ずつ配点され(180点満点)、合格するためには3つの領域での正解が60%以上であることが必要です。
 ・合格発表:試験の約1ヵ月半後
◆試験科目 
領域T:医療事務  領域U:コンピュータ関連知識  領域V:実技(オペレーション)

●3級
・領域T: 医療事務
医療保険制度のあらまし、診療報酬請求から支払いまでの流れ、レセプトへの転記、計算、保険や患者負担金の基礎的な知識など。
・領域U: コンピュータ関連知識
PCの装置各部の名称の知識など。
・領域V: 実技(オペレーション)
医事コンピュータを用いて、外来診療のカルテや入院診療例のカルテ、及び伝票からレセプトを作成する能力が試されます。
●2級
・領域T:入院にかかわる診療報酬点数表各部の内容の理解他
・領域U:レセプト電算処理システムに関する用語の理解他
・領域V:医事コンピュータを使用して、平均的な外来診療例、入院診療例のカルテおよび伝票からレセプトを作成する他
●【準1級】
・領域T:医療保険制度の詳細な理解、医療事務関連法規他
・領域U:コンピュータの仕組みと動作、ネットワークの理解、操作に必要な情報処理用語の理解他
・領域V:医事課が算出する医療機関の各種統計(病院機能指数、病院管理統計)
の意味、算出方法等を理解し、提供データから正確に算出する他

※試験ではT医療事務・試験ではT医療事務・Uコンピュータ関連知識・V実技の3つに関して級ごとに難易度を変えて出題がされます。
実技は参考書等の持込が可能です。Uコンピュータ関連知識・V実技の3つに関して級ごとに難易度を変えて出題がされます。
◆試験の実施スケジュール
   年2 回 (毎年6月と11月)
◆試験会場
  会員校の受験者は会員校で、一般の受験者は全国の指定の学校で行われます。
           ⇒ 一般受験会場
◆受験料
・準1級:会員校生:6,000円 一般:8,000円
・2級:会員校生:5,000円 一般:7,000円
・3級:会員校生:4,000円 一般:6,000円
※併願受験での割引があります。  
◆試験の難易度/合格率
 ・難易度  準1級 「C」やや易  2級・3級 「D」易しい
  ・合格率 第34回試験結果
実 施 級 志願者数(人) 受験者数(人) 合格者数(人) 合格率(%)
準 1 級 52 44 11 25.0
2   級 863 802 411 51.2
3   級 2,436 2,346 1,764 75.2
合   計 3,351 3,192 2,186 -
◆試験に関するアドバイス
仕事では、毎日の診療内容のコンピュータ入力や、出力データのチェックを行いますので、診療報酬明細書(レセプト)作成の知識や、コンピュータの操作能力は必ず必要となります。実務では、専用のアプリケーションソフトを使いレセプトの作成を行いますが、病院などで医療秘書や事務職として働きたい人には取得しておくと有利な資格になります。

受験対策には当協議会発行の検定試験に対応するテキストがあります。各クラスに適したわかりやすい解説と内容になっていますので、受験される方は活用されるといいでしょう。
医療事務―医事コンピュータ技能検定テキスト(建帛社)
医事コンピュータ技能検定問題集3級〈2013年度 2〉第31回〜34回(土屋書店)
・医事コン検定問題集(2級) ケアアンドコミュニケーション
◆「医事コンピュータ技能検定」の受験と資格の取り方
2級以上の取得を目指す人は、専門学校の講座を利用する方が近道と言えます。
医療秘書専門学校では1年次に身につけた基礎知識を基にして、病医院内で必要となる実務的な秘書技能である「秘書実務」や、文書作成のノウハウを学ぶ「文書実務」など多くのカリキュラムを履修しますので、下記のカリキュラム(例)のように医療事務の基礎から応用、実務までを学習し体験することができますので、独学では不可能に近い上位資格を目指すことも十分可能になります。
カリキュラム(例)
1. 医事コンピュータシステムの概要、患者データ入力(新患登録、傷病名)
2. 基本診療、指導、在宅、投薬、注射 
3. 処置、手術、麻酔
4. 検査、画像診断
5. 伝票入力(外来)
6. 入院
7. 伝票入力(入院)
8. 老人保健

 ◆試験対策(スクール・講座)
  医療事務通学スクール・通信講座一覧
 ◆試験対策教材
  医事コンピュータ技能検定 受験対策教材一覧
◆問い合わせ先
一般社団法人 医療秘書教育全国協議会 http://www.medical-secretary.jp/iji/
   〒134-0088 東京都江戸川区西葛西6-17-1-201
TEL 03-5675-7077 FAX 03-5675-7078  E-mail ms.isi@isis.ocn.ne.jp


 Copyright (C) 2013 医療事務資格の取得 All Rights Reserved.