TOP 介護分野の医療事務資格  

 役立つ医療事務資格一覧
医科・歯科 医療事務資格
介護 医療事務資格
レセコン 医療事務資格
調剤 医療事務資格
診療情報管理 医療事務資格
医療事務資格関連情報
医療事務資格一覧
 
医療事務資格の難易度 
医療・介護系資格ランキング
 
資格取得サポート制度
 
資格の勉強をして「もらえるお金」 
教育訓練給付制度
 
求職者支援制度  
関連する仕事を動画で紹介
 
 
医療秘書
 
介護ヘルパー
 
訪問介護員(ホームヘルパー)
 
ケースワーカー 
 
 

介護分野の医療事務資格
介護事務の資格には民間の団体が認定する「ケアクラーク」や「介護事務管理士」等が資格がありますが、主な仕事は、介護保険制度に沿って介護サービスの報酬請求をする請求書の作成が主な業務になります。医科・歯科医療事務の場合の診療報酬請求と同じと考えてよいでしょう。介護サービスや施設の利用者の増加に伴い、介護事務専門スタッフの需要も高まり続けています。現在、「介護関係の医療事務資格」には、以下の試験以外に5種類ほどの認定試験があります。
メディカルケアワーカー
医療、看護の分野においても介護業務が必要とされる現在、看護助手として適切な技能を持った人材が求められています。メディカルケアワーカーは、看護助手として福祉介護業務に従事する者に求められる能力を有することを証明する資格になります。
       ⇒「メディカルケアワーカー」を詳しくみる
ケアクラーク技能認定試験
ケアマネージャーが作成したケアプランが円滑に遂行されるように、関係機関やサービス事業者と連携をとり、帳票類の作成や交付から介護報酬請求など、いろいろな事務作業を担うのがケアクラークです。いわば、ケアマネージャーをサポートする介護保険事務の専門家であり、特に高齢化社会においては、なくてはならない資格です。
       ⇒「ケアクラーク技能認定試験」を詳しくみる
介護事務管理士技能認定試験
この資格の取得は介護報酬算定の知識とスキルがある証と言えます。この試験は福祉関連事務や介護請求事務に携わる人たちの技能と社会的地位の向上を目指して実施されています。特に、福祉業界では優秀な職業能力を有するスタッフが求められており、この分野では積極的に有資格者が採用されています。
       ⇒「介護事務管理士技能認定試験」を詳しくみる
福祉事務管理技能検定試験
医療機関や、社会福祉施設では、社会保障制度全般や介護保健制度の知識、介護報酬請求事務能力を持つ人材が望まれています。この試験は、主に医療秘書関連学科や福祉関連技能の養成学科の学生、医療機関や福祉施設の実務者などを対象に、福祉業界を支える事務の専門職を創出するための試験です。
      ⇒「福祉事務管理技能検定試験」を詳しくみる
 
 Copyright (C) 2013 医療事務資格の取得 All Rights Reserved.